トピックス

〜 お役に立つサービス情報 〜

■消防テレホンサービス

  • 最寄の消防署(東京消防庁の各消防署)および下記の消防テレホンサービスでは、平日のみならず休日や夜間の病院案内を行っています。
  • 緊急を要する状態でなく、受診できる病院がわかれば自力で行ける場合は、こちらを利用してください。
消防テレホンサービス電話番号
23区内 03-3212-2323
多摩地域 042-521-2323
プッシュ回線の場合、#7119でもかけられます。
(23区、多摩地区共通です。)

■東京民間救急コールセンター

  • 緊急性がない通院や受診、入退院や病院から病院への転院搬送などの際に、事前予約、当日の利用を問わず、電話で最寄の民間救急事業者またはサポートCab(タクシー)を案内します。
  • 民間救急やサポートCabを利用する方で、病院が決まっていない場合には、診察可能な医療機関の紹介もします。

東京民間救急コールセンター電話番号
0570-039-099(ナビダイヤル オーミンキュウ オーキュウキュウ)
または 03-3262-0039
(24時間・年中無休)
ホームページ http://www.call-center.teate.jp


■患者等搬送事業(民間救急)の制度

東京消防庁では、利用者の安全を確保するために「患者等搬送事業に係る基準」を定め、患者等搬送事業者からの申請に基づき審査し、認定マーク等を交付しています。
[1] 搬送業者
 
緊急搬送の必要がない入院、通院等の搬送
高齢者や身体に障害のある方などの福祉に関連する搬送
[2] 利便性
 
いつでも、どこへでも、近距離・長距離を問わず、あなたのご都合に合わせて、ご利用できます。
[3] 利用例
 
入院、通院担任、転院、入院中の一時帰宅
空港・液からの帰宅
旅行先・出張先でのけがや病気をしたときの長距離の搬送
福祉施設、保養施設等への外出
[4] 利用時の注意点
 
搬送を依頼する際には、必ず見積りをしてもらいましょう。(搬送の料金は、国土交通省認可の運賃と介護料金等の付加料金とで構成され、事業者によよって料金が異なることがあります。)
搬送中の安全を確保するため、利用する人の状態を正確に伝えましょう。

■サーポートCab(タクシー)

サポートCab(タクシー)とは、ご自分で歩行が可能な方で緊急性がない場合に、通院や受診をサポートするタクシー事業者です。

  • サポートキャブ事業者は、東京消防庁から救命講習受講優良証を交付されており、心肺蘇生やAEDの操作などの救命処置の技能を持つ運転手が乗務し、車内には人工呼吸用のマスクを備えています。
  • 料金は、自宅からタクシーを呼んだときと同じ料金です。


ESPOIR
info@espoir-oq.com
Copyright (c) 2007 エス・ポワール All Rights Reserved.