仏教の生活 施本 仏教書なら当店へ〜仏教書専門書店・中山書房仏書林〜仏教初心者から上級者まであらゆる仏教書を取り揃えております
中山書房仏書林/E-Mail:nakayama@kotobuki-p.co.jp/TEL:03-3833-7676
中山書房
 中山書房仏書林ホームページコンテンツ

    TOP / 中山書房のご案内・店舗情報 / トピックス / 仏教の生活 / 続・質問帳 / 新刊書籍 / メディア掲載情報 /
    推薦・良書 / ロングセラー書籍 / オススメ書籍 / 総取扱い出版目録 / 古書の部 / 仏教マンガ / セール書籍 / 


仏教の生活
戦後の復興がようやく緒についた昭和27年「一家そろって明るい信仰」をスローガンに創刊した季刊誌『仏教の生活』は ご寺院様等を通じて檀信徒・門徒の方々に配布して頂く いわゆる「施本」の先駆けとして 本年の「秋・彼岸号」で264号を迎えました 閉店に伴いやむなく廃刊致しますが 実に66年の歴史を積み重ねることができましたのも偏に皆さま方のご高助あってのことと改めて御礼申し上げます

一家揃って明るい信仰
 
 
お寺と家庭を結ぶこころのプレゼント
「平成30年秋・彼岸号/264」
仏教の生活
仏教の生活
仏教の生活バックナンバー 続・質問帳バックナンバー
■タイトル ■内容項目 ■著作者
■詩 やわらかいごはん すずき ようこ
■巻頭 お彼岸(ひがん」)に「彼岸」を想(おも)
―亡き人と共に生きる―
稲岡 春瑛
(いなおか しゅんえい)
■インタビュー (さず)かりものの命を受け容(い)れる

「13トリソミーの子」と家族に寄り添う医師
松永 正訓さん
(まつなが ただし)
に聞く
■セットで冷凍/カンタン精進料理 ラタトゥイユ 料理研究家
池上 正子
(いけがみまさこ)
■親子で読みたい仏教のおはなし (あし)の茎(くき) え・文
諸橋 精光
(もろはし せいこう)
続・質問帳

★お世話になった方がなくなったことを、人づてに耳にしました。通夜・葬儀はご身内で済まされたそうです。
どんな形で「弔意」を表したらよいですか。
子どもの「お食い初め」を「春分の日」に計画したところ、両親に「お彼岸中は慎みなさい」といわれました。「祝い事」はまずいのでしょうか。

若林  隆壽
(わかばやし りゅうじゅ)
■ひとくちコラム 「きょういく」と「きょうよう」  
■落語の語楽 饅頭(まんじゅう)知らず
「無知(むち)ほど怖(こわ)いものはない」
 
■読者のページ (つい)の棲処(すみか)いろいろ 東京都墨田区
高梨 光代
(たかなし みつよ)


Copyright © 2009 中山書房仏書林. All rights are reserved