仏教の生活バックナンバー  仏教書なら当店へ〜仏教書専門書店・中山書房仏書林〜仏教初心者から上級者まであらゆる仏教書を取り揃えております
中山書房仏書林/E-Mail:nakayama@kotobuki-p.co.jp/TEL:03-3833-7676
中山書房
 中山書房仏書林ホームページコンテンツ

    TOP / 中山書房のご案内・店舗情報 / トピックス / 仏教の生活 / 続・質問帳 / 
    新刊書籍 / 推薦・良書 / ロングセラー書籍 / オススメ書籍 / 総取扱い出版目録 / 古書の部 / 


「仏教の生活」バックナンバー



仏教の生活-2005年「NO212/秋・彼岸号」平成17年9月〜平成17年10月掲載
■内容項目
著作者
仏教の生活-no.211-
■詩/ことば
ほんだ たけし
■巻頭/悲しみをこえて
西田 正法
にしだ しょうぼう
■インタビュー/備(そな)わった時を待つ
悲しみから生まれるもの
若林 一美
わかばやし かずみ
(「ちいさな風の会」代表
山梨英和大学
人間文化学部教授)
■おいしいお茶で、ほっとタイム/
・お月見気分の観月茶(かんげつちゃ)
熊崎 俊太郎
くまざき しゅんたろう
(ティーブレンダー)
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/
空色(そらいろ)の小石
文と絵
西谷 昌久
にしたに よしひさ
■山家初秋(さんかしょしゅう) 田淵 義男
たぶち よしお (作家)
★亡くなってから一周忌(いっしゅうき)、三回(さんかい)忌、七回忌というように年回法要を勤めますが、それぞれの意味合いは違うのでしょうか。
★同居している長男が、菩提寺(ぼだいじ)とはちがう新興宗教に入り、いずれの私の葬儀もそちらのやり方でと言っています。どうしたらよいでしょう。
若林  隆壽
わかばやし りゅうじゅ
■ひとくちコラム/お寒いお仕事!?  
■仏教語の話/53 初心(しょしん)
R・W
■読者のページ/母と眺(なが)めた夕焼け
墨加古川市
田中 喜久子

仏教の生活-2005年「NO211/夏お盆号」平成17年6月〜平成17年8月掲載
■内容項目
著作者
仏教の生活-no.211-
■詩/シャワー
すぎたに かおる
■巻頭/いのちを拝(おが)
十時 壽徳
ととき としのり
■インタビュー/一緒に歩む「自分探(さが)し」の日々
よく怒り、よく笑い、よくなきながら
三好 洋子
みよし ようこ
(自立援助ホーム
「憩いの家」・寮母)
■おいしいお茶で、ほっとタイム/・食欲増進!ミントティー
熊崎 俊太郎
くまざき しゅんたろう
(ティーブレンダー)
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/
目連(もくれん)さんとお母さん
文と絵
西谷 昌久
にしたに よしひさ
★お墓に家紋(かもん)を入れると祟(たた)りがあるという人があります。すでに彫(ほ)ってある家紋を削(けず)らなければいけませんか。
★父が長男、母が一人娘だったため、我が家には父方母方の双方の、宗派の違う二つのお仏壇(ぶつだん)があります。今後どうしたらよいでしょう。
若林  隆壽
わかばやし りゅうじゅ
■ひとくちコラム/和(わ)をもって貴(とうと)しとなす  
■仏教語の話/52 地獄(じごく)
R・W
■読者のページ/朗読(ろうどく)の楽しさ
墨田区
石井 芳子

仏教の生活-2005年「NO210/春彼岸号」平成17年3月〜平成17年5月掲載
■内容項目
著作者
仏教の生活-no.210-
■詩/りょうり
やました  ゆうき
■巻頭/心の眼(め)を開く
松平  實胤
まつだいら  じついん
■インタビュー/笑顔(えがお)づくりの日々を生きる
「第二の人生」は本当の喜びを求めて
藤田  巌
ふじた いわお
(福祉美容師)
■おいしいお茶で、ほっとタイム/・お花見気分の観桜茶
熊崎 俊太郎
くまざき しゅんたろう
(ティーブレンダー)
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/美しい絵 
文と絵
西谷 昌久
にしたに よしひさ
■エッセイ/ピンクが苦手(にがて)
萩原  薫
はぎわら かおる
(編集者・文化女子大学/文化服装学院
非常勤講師)
★息子に先立たれ、遺骨(いこつ)は離婚した前夫の家のお墓に埋葬(まいそう)されてしまいました。 お参りしづらいのですが、どうしたらよいでしょう。
★テレビで人気の占(うらな)い師が「お墓に水を掛(か)けるのは、亡き方に失礼だ。災(わざわ)いの元になる」と言っていました。ほんとうですか。
若林 隆壽
■ひとくちコラム/次はどこ?  
■仏教語の話/51  投機(とうき)
R・W
■読者のページ/同窓会(どうそうかい)
横浜市
大久保  忠

仏教の生活-2005年「NO209/新年号」平成16年12月〜平成17年2月掲載
■内容項目
著作者
仏教の生活-no.209-
■詩/もくひょう
むらこし たかゆき
■巻頭/大人を逃(に)げない
子供たちの心の声に向かい合おう
池田 良鶴
いけだ りょうかく
■インタビュー/”足(た)る”を知(し)る日々
-ないものねだりからあるもの探(さが)しへ-
辻 信一
つじ しんいち
(文化人類学者
・環境運動家)
■おいしいお茶で、ほっとタイム/
・おもてなしのフルーツティー
熊崎 俊太郎
くまざき しゅんたろう
(ティーブレンダー)
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/
水晶(すいしょう)の玉(たま)
文と絵
西谷 昌久
にしたに よしひさ
■エッセイ/自然派(しぜんは)ワインに心を寄(よ)せる
渋谷 康弘
しぶや やすひろ
(ソムリエ)
★仏教では「成人式」にあたる行事がありますか。
★生きている人の写真をお仏壇に飾るとよくないことが起こると言われました。ほんとうですか。
若林 隆壽
■仏教語の話/50  因縁(いんねん)  
■読者のページ/自己流(じこりゅう)の人生 
千代田区
布上 征一郎

仏教の生活-2004年「NO208/秋彼岸号」平成16年9月〜平成16年11月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.208-
■詩/けっこんしき
たけがわ まさのり
■巻頭/いのちあるものを殺さざるべし
「いかせいのち」で「共生(きょうせい)」の世の中を
金田 進コ
かねだ しんとく
■インタビュー/「支(ささ)えあういのち」を尊(とうと)ぶ生き方-「生命誌(せいめいし)」からみた生命(いのち)の重み-
中村 桂子
なかむら けいこ
(JT生命誌研究館館長)
■おいしいお茶で、ほっとタイム/心あたたまるミルクティー
熊崎 俊太郎
くまざき しゅんたろう
(ティーブレンダー)
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/手のひらの星
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/長命(ちょうめい)の相(そう)
岸本 葉子
きしもと ようこ
(エッセイスト)
★お賽銭(さいせん)箱に「喜捨(きしゃ)」と書いてあるのはどういう意味ですか。
★「七五三」に神社ではなく菩提寺(ぼだいじ)にお参りしたいのですが。
若林 隆壽
■ひとくちこらむ/「価値観(かちかん)」の共有(きょうゆう)  
■仏教語の話/49 功徳(くどく)  
■読者のページ/祖父(そふ)との思い出 
文京区 須藤 貴美
(すどう きみ)

仏教の生活-2004年「NO207/夏お盆号」平成16年6月〜平成16年8月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.207-
■詩こたえのついたほん
せた なつみ
■巻頭/父母(ふぼ)ある幸せ
-子は親の背(せ)を見て育つ-
落合 祟志
おちあい たかゆき
■インタビュー/コツコツゆっくり焦(あせ)らずに
-歩くことが心を磨(みが)く-
大場 満郎
おおば みつお
(植村直巳冒険賞受賞
冒険家)
■おいしいお茶で、ほっとタイム/おもてなしのアイスティー
熊崎 俊太郎
くまざき しゅんたろう
(ティーブレンダー)
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/
二つの袋(ふくろ)
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/夏こそミョウガ料理
本多 由紀子
ほんだ ゆきこ
(食のライター)
★「七夕(たなばた)」は「お盆(ぼん)」と関係があるのですか
★お戒名(かいみょう)・ご法名(ほうみょう)を自分で考えたいと思うのですが、いかがでしょうか。
若林 隆壽
■ひとくちこらむ/「けり」をつける  
■仏教語の話/48 愛嬌(あいきょう)  
■読者のページ/稲(いね)と考古学(こうこがく)
国分寺市 坪野 恵
(つぼの めぐみ)

仏教の生活-2004年「NO206/春彼岸号」平成16年3月〜平成16年5月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.206-
■詩/おかあさんは?
なかむら あきひろ
■巻頭/分(わ)け隔(へだ)てのない「の」の世界
彼岸に見つめる「心」と「行い」
佐藤 憲雄
さとう けんゆう
■実話/夢をかなえる「夢ツアー」
生きがいを与える「回想療法」
藤井 康広
ふじい やすひろ
■村上祥子のチーン(電子レンジ)で精進料理を!8
・ピリ辛こんにゃく
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/
(ゆめ)見る小箱(こばこ)
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/母の「ぼたもち」私の「餡(あん)ライス」
群 ようこ
(小説家)
★法要の後のお食事を遠慮したら、「ご供養ですから是非に」といわれました。どういうことですか。
★「弔辞(ちょうじ)の使いは二人で」といわれるのはなぜですか。
若林 隆壽
■ひとくちこらむ/「合法(ごうほう)ドラック」  
■仏教語の話/47 給仕(きゅうじ)  
■読者のページ/父と桜 
豊島区 矢島 洋美
(やじま ひろみ)

仏教の生活-2003年「NO205/新年号」平成15年12月〜平成16年2月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.205-
■詩/おおみそか
うえの みさ
■巻頭/匙(さじ)は器(うつわ)につけども
正村 瑛明
まさむら えいめい
■インタビュー/
「知識の森」を出て「感動」がふくらむ場を生きる
天外 伺朗
てんげ しろう
■村上祥子のチーン(電子レンジ)で精進料理を!7
・かぼちゃぜんざい
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/遠眼鏡
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/近くて遠い存在(いとこ)
永 千絵
えい ちえ
(映画エッセイスト)
★仏教ではお正月の過ごし方に決まりがありますか。
★お経は何のために読むのですか。
若林 隆壽
■ひとくちこらむ/「親の責任」  
■仏教語の話/46 一味(いちみ)  
■読者のページ/江戸太神楽(えどだいかぐら)
新宿区 山内 志乃
(やまうち しの)

仏教の生活-2003年「NO204/秋彼岸号」平成15年9月〜平成15年11月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.204-
■詩/およめさん
こうの さとし
■巻頭/「よかった よかった」
−「感謝」が生み出す「布施」のこころ−
中野 隆英
なかの りゅうえい
■インタビュー/お母さん、泣かないでね
山本 厚男
長野県立こども病院院内学級担任
■村上祥子のチーン(電子レンジ)で精進料理を!6
・野菜せんべい
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/おもてなし
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/冷卸(ひやおろし)と曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
佐々木 久子
(エッセイスト・元雑誌「酒」編集長)
★「命日」と「祥月命日」の違いを教えて下さい。
★父の五十回忌の法要をお願いしたら、お寺さんに「それは、おめでたい」といわれました。どういうことですか。
若林 隆壽
■ひとくちこらむ/「親の責任」  
■仏教語の話/45 微妙(びみょう・みみょう)  
■読者のページ/祖父の約束
国分寺市 坪野 早紀
(つぼの さき)

仏教の生活-2003年「NO203/夏お盆号」平成15年6月〜平成15年8月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.203-
■詩/げーむ
あだち なおひさ
■巻頭/いいことをしましょう
−『七仏通戒偈(しちぶつつうかいげ)』に学ぶ生き方−
山本 寿博
やまもと としひろ
■インタビュー/社員はわが子
−人との出会いが人をつくる−
宿泊定員稼働率日本一の名支配人・塙吉七(はなわきちしち)さんに聞く
編集部
■村上祥子のチーン(電子レンジ)で精進料理を!5
・新米のおそなえごはん
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/白い石 黒い石
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/夏の終わりの青空
−プールから見上げた故郷(ふるさと)−
柴門 ふみ
(漫画家)
★「お盆」は日本だけの風習ですか。
★知人の葬儀などに伺うたびに思うことですが、宗派によってどうして読まれるお経が違うのですか。
若林 隆壽
■ひとくちこらむ/「タマちゃん」  
■仏教語の話/44 満足(まんぞく)  
■読者のページ/道はひとつ
板橋区 山室 登志美
(やまむろ としみ)

仏教の生活-2003年「NO202/春彼岸号」平成15年3月〜平成15年5月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.202-
■詩/かしゅ
くぼ かつよし
■巻頭/真実(あるがまま)を見つめる
−陰はそのまま光−
大須賀 発蔵
おおすが はつぞう
■インタビュー/「前向き」がもたらした感謝の日々
新天地を生き抜く中溝裕子さん(プロゴルファー)に聞く
編集部
■村上祥子のチーン(電子レンジ)で精進料理を!4
・ごま豆腐
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/新しい芽
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/占星術とお彼岸
鏡 リュウジ
(西洋占星術研究家)
★「十三仏」とはどんな仏さまですか。
★ご先祖さまのことを調べたいのですが、どのような方法がありますか。
若林 隆壽
■仏教語の話/43 自在(じざい)  
■読者のページ/「文(ふみ)の日」の友
空木 茜
うつぎ あかね

仏教の生活-2002年「NO201/新年号」平成14年12月〜平成15年2月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.201-
■詩/ちょきん
とみた あいな
■巻頭/人生の転機
-すべての生きものに害心(がいしん)を持たず-
石上 善應
いしがみ ぜんおう
■インタビュー/非科学との出会いが、子供の心を豊かに育てる
篠原賢朗(しのはら けんろう)さん(長野県須坂市立須坂小学校教諭)に聞く
編集部
■村上祥子のチーン(電子レンジ)で精進料理を!3
栗きんとん
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/幸せの旅
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/祖母のおせち
山内 美郷
やまうち みさと
(エッセイスト)
■続・質問帳
★跡継ぎがないと墓地をゆずってもらえないと伺いました。本当ですか。

★陶芸が趣味なのですが、自分の「骨壷(こつつぼ)」を作ってもよいのでしょうか。
若林 隆壽
■仏教語の話/42 刹那(せつな)  
■読者のページ/塩瀬(しおぜ)の畑
空木 茜
うつぎ あかね

仏教の生活-2002年「NO200/秋彼岸号」平成14年9月〜11月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.200-
■詩/カルシウム
はしぐち ひろゆき
■巻頭/軽んずることなかれ
その一言、待ってる人がいる
大谷 徹奘
■インタビュー/教えられた「いのちの奇跡」
あるホスピス医長の記録
森津 純子
■村上祥子のチーン(電子レンジ)で精進料理を!2
栗おこわ
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/幸運の手紙
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/幸せを「まねく猫」
江戸家まねき猫
■続・質問帳
★なぜ「お彼岸」は一週間あるのですか。

★葬儀の際に「弔電」は必ず披露しなければいけないのでしょうか。
若林 隆壽
■ひとくちコラム/自分の葬儀
■仏教語の話/41 不思議  
■読者のページ/素敵な生き方
村林 優香

仏教の生活-2002年「NO199/お盆号」平成14年6月〜8月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.199-
■詩/休み
ふじ もとえ
■巻頭/ほんとうの「慈母(じぼ)」となる
−お盆に気づかされること−
江原 通子
■インタビュー/相手の喜びが自分の喜びになる
<囲碁ゲーム>はその場をつむぐ「ふれあいの」場
日本棋院 九段
安田 泰敏
■村上祥子のチーン(電子レンジ)で精進料理を!@
さつま芋となすの炊き合わせ
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし/新しいお坊さん
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/小さな旅・心の旅!
高田 真
(詩人)
■続・質問帳
★お仏壇のお灯明を息で吹き消してはいけないといわれました。なぜですか。

★ご遺骨の「分骨」をすると、亡き人が身を引き裂かれるような苦しみを受ける、といわれました。どうしたらよいでしょう。
若林 隆壽
■ひとくちコラム/孤食(こしょく)
■仏教語の話/40 道楽(どうらく)  
■読者のページ/ブータンの思い出
久保 淳子

仏教の生活-2002年「NO198/春彼岸号」平成14年3月〜5月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.198-
■詩/いえでごっこ
なかむら あきひろ
■巻頭/お彼岸介護-「苦」から「楽」へ渡る道
田中 雅博
■実話/三倍の時間
三宮 麻由子
■暮らしに四季のうるおいを8
 雛まつり(ひなまつり)
山本 三千子
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし
/怨みは捨てて
文と絵
西谷 昌久
■続・質問帳
★「花まつり」のお釈迦様の姿は何を表しているのですか

★一人っ子同士で結婚し、我が家にはお仏壇が二つあります。一つにまとめてもいいのでしょうか?
若林 隆壽
■ひとくちコラム/言葉と危機管理
■仏教語の話39/難行苦行(なんぎょうくぎょう)
■読者のページ/春
秋元 ふみ子
仏教の生活-2002年「NO197/新年号」平成13年12月〜2月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.197-
■詩/あんまりだ
いわはま えりこ
■巻頭/のびのびと生きる
酒井 大岳
■インタビュー/車イス女優 萩生田千津子(はぎうだ ちずこ)さんに聞く 「自分を超えた大きな力に生かされる」
編集部
■暮らしに四季のうるおいを7
 節分(せつぶん)
室礼三千主宰
山本 三千子
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし
/お正月の花嫁さん
文と絵
西谷 昌久
■続・質問帳
★「ご利益」について教えてください。

★家を新築する事になりました。お寺さんに「地鎮祭(じちんさい)」をお願いすることはできるのでしょうか?
若林 隆壽
■仏教語の話し/38暗証(あんしょう)
■読者のページ/一日を大切に生きる

仏教の生活-2001年「NO196/秋彼岸号」平成13年9月〜11月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.196-
■詩/みち
ふじわら まいこ
■巻頭/毎日を「お彼岸の中日(ちゅうにち)」として生きる
池永 文雄
■実話/心に希望の灯(ひ)を育てる
−心のあり方を科学して−
医学博士
高田 明和
■暮らしに四季のうるおいを6
 お彼岸(ひがん)
山本 三千子
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし
/白いケシの種
文と絵
西谷 昌久
■続・質問帳
★お彼岸は修行する期間だと聞きました。本当ですか?

★父が亡くなり「形見分(かたみわ)け」をしたいと思います。どんなことに気をつけたらよいでしょうか。
若林 隆壽
■ひとくちコラム/外見(がいけん)と内心(ないしん)
編集部
■仏教語の話し/37忍耐(にんたい)
■読者のページ/心に残った仏前式(ぶつぜんしき)

仏教の生活-2001年「NO195/夏お盆号」平成13年6月〜8月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.195-
■詩/どろどろ
ふなびき のりゆき
■巻頭/よく来たねっ! −子供の重荷を解き放て−
和田 重良
■実話/女子高校生の「赤ちゃん抱っこ」
東京産婦人科医会顧問
関根 憲治
■暮らしに四季のうるおいを5
 お盆
山本 三千子
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし
/「なかなおりの水」
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/お寺はハーブのパラダイス
ハーブ研究家
宮崎 典子
■続・質問帳
★お中元はお盆の行事と関係あるのですか?

★私は長男ですが、家の近くに墓地を求めました。故郷の寺の墓はどうしたらいいでしょう。
若林 隆壽
■ひとくちコラム/ゴミを護美(ごみ)に
編集部
■仏教語の話し/36一心不乱
■読者のページ/父の伝言
東京都練馬区
金山 聡

仏教の生活-2001年「NO194/春彼岸号」平成13年3月〜5月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.194-
■詩/かえるの子
ふなびき のりゆき
■巻頭/お彼岸によせて −人生の中のお墓−
阿 純孝
■実話/病を得てなお楽しむ
エッセイスト
丹羽 酉子
■暮らしに四季のうるおいを4
 花まつり
山本 三千子
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし
/布施のこころ「祇園布施」
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/彼岸花
佐々木 朋子
■続・質問帳
★お釈迦さまは本当に実在された方なのですか

★祝い事は日延べしても仏事は遅らせてはいけないのはなぜですか。
若林 隆壽
■ひとくちコラム/目立つ
編集部
■仏教語の話し/35三 昧(さんまい)
■読者のページ/むずかしいことをやさしく
三重県
山川 芳郎

仏教の生活-2001年「NO193/新年号」平成12年12月〜平成13年2月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.193-
■詩
なかむら あきひろ
■巻頭/生命(いのち)の循環
石上 みね
■実話/「大いなる存在」を知る
筑波大学教授
村上 和雄
■暮らしに四季のうるおいを3
「お正月」の室礼
山本 三千子
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし
/「くしゃみ」
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/彼岸花
佐々木 朋子
■続・質問帳
★「除夜の鐘」を撞くときにいわれる「百八の煩悩」とはなんのことですか。

★お焼香をしたり、お線香を上げたりするのはなぜですか。
若林 隆壽
■仏教語の話し『挨 拶』
■読者のページ/お地蔵さまの耳
牛嶋 由美子

仏教の生活-2000年「NO192/彼岸号」平成12年9月〜11月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.192-
■子供の詩
さがやま りょうた
■巻頭 お彼岸のこころ
-私が変われば世界が変わる-
青山 俊
■実話/泣きなさい 笑いなさい -支え合う心-
山本 寿博
■暮らしに四季の うるおいをA
「お月見」の室礼
山本 三千子
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし
/「幸せの占い」
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ 彼岸花
佐々木 朋子
■続・質問帳
★なぜ「御香典」などの表書きは「薄墨」で書くものだと言われるのですか。

★友人の葬儀に「弔辞」をと頼まれました。どんなことに気を付けたらよいでしょうか
若林 隆壽
■仏教語の話し『感 謝』
■読者のページ/手を合わせるよろこび
田島 きくえ

仏教の生活-2000年「NO.191/お盆号」平成12年6月〜8月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.191-
■子供の詩
ごうだ ゆうすけ
■巻頭/ 父母 その尊きもの -いのちの支え-
石上 善應
■実話/未来へのエネルギー
−国境なき医師団の仕事−
寺田 朗子
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし
/「笛の音」
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/ドラマのような「愛の奇跡」
山本 萠
■続・質問帳
★お寺でよく「えこう」するという言葉を聞きますがどういうことですか。

★十五年間も家族同様にしてきた犬が死にました。
わが家先祖代々のお墓に埋葬してもいいものでしょうか。
若林 隆壽
■仏教語の話し『孝 養』
■読者のページ/家よりお墓
中川 久子

仏教の生活-2000年「NO.190/春彼岸号」平成12年3月〜5月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.190-
■子供の詩
かわばた まさこ
■巻頭/ 彼岸への橋
瀬上 敏雄
■実話/「いのち」の共感
佐藤 雅彦
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし
/若がえりの水」
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ/私の夢殿
山本 萠
■続・質問帳
★なぜお釈迦さまのお誕生日を「花まつり」というのですか

★お墓が汚れてしまいました。
たわしで洗ってもいいものでしょうか。
若林 隆壽
■仏教語の話し『休息』
■読者のページ/お経は心
高梨 光代

仏教の生活-2000年「NO.189/正月号」平成12年1月〜2月掲載
■内容項目
仏教の生活-no.189-
■子供の詩/さむい
のむら しゅうへい
■巻頭/仏性(ぶっしょう)のままに生きる
中津 攸子
■実話/「寿命(じゅみょう)」のはなし
有賀 徹
■子供と一緒に読みたい仏教のはなし
/「サーラの樹の下で」
文と絵
西谷 昌久
■エッセイ てめい ひとりじゃ生きられない
三遊亭 好楽
■続・質問帳
★お正月には、お仏壇に特別な飾りが必要ですか

★喪主(もしゅ)は弔問客(ちょうもんきゃく)を見送りに出てはいけないといわれました。どうしてですか。
若林 隆壽
■仏教語の話し『灯明(とうみょう)』
■読者のページ/母にひと言
赤石 和美


nakayama@kotobuki-p.co.jp  仏教書に関するご質問等は下記まで  nakayama@kotobuki-p.co.jp

仏教書専門店 中山書房仏書林:nakayama@kotobuki-p.co.jp
〒113-0034 東京都文京区湯島2-14-4  TEL 03-3833-7676 / FAX 03-3833-7677

Copyright © 2009 仏教書専門店 中山書房仏書林. All rights are reserved