〜寺院名簿・寺院データベース・仏教系書籍〜(株)寿企画  


仏教系〜書籍〜
日本寺院総鑑
日本真言宗大鑑
イラストカット集
「寺由寺在」
現代仏教人名録
全国霊場大辞典
広説佛教大辞典
日本百観音霊場巡拝記 菩薩の風景
永代供養墓の本
仏教系〜データCD〜
日本寺院総鑑
データCD
日本真言宗大鑑
データCD
寺院ホームページ
素材集
仏教系〜その他〜
寺院宛名ラベル
寺院リストデータ
仏教系商品一覧
買い物カゴ
 
仏教系商品一覧

◆お問合わせ・ご注文◆
(株)協栄プランニング
〒179-0081 東京都
練馬区北町2-17-15 
第二丸和ビル2F
office@kyoeiplan.jp
TEL 0120-937-935
FAX 03-5921-1744

 
広説佛教大辞典
五十年を超える著者の営みがここに結実!
中村元先生の集大成 『佛教語大辞典』(1975年) を全面的に増補改訂
 現代の問題として、われわれが仏教語を理解し、平明に表現するための辞典として、着手から三十年かかって『佛教語大辞典』を刊行したのが、昭和五十年(一九七五年)であるから、それからはやくも二十五年が経過しようとしている。
 当時、世間では仏教語はなかなか難しくわかりにくいものであったが、『佛教語大辞典』刊行後多少なりとも仏教語が日本人一般の共通理解の域内に入ったのではないだろうか。わたくしも、その後求めに応じて、一般の人々向けに『仏教語源散策』シリーズを編んで出版したが、ある程度好意を持って受け入れられたようである。
 この二十五年の間、『佛教語大辞典』については、各方面の方々からいろいろな教示、叱正、質問をいただいた。概して好意的なものが多かったが、大変ありがたく思っている。これらの方々よりの反響も含め、わたくしは、刊行後ほどない時期から、大規模な増補にそなえて辞典のためのカード作りをすすめてきた。
 日本人と関わりの深いことばや出典をさらにひろって、解説ももっと平明なものとしようということで、出版社とも相談して『広説佛教語大辞典』と名づけ、五十音配列の全面的な改訂版とすることを決めたのは、平成に入ったころだった。
 それ以後の詳しい経緯は別に譲るが、前回と同じように、多くの方々の手をわずらわせて集めた膨大な資料から、結果として約八千項目を選んで新項目としてたて、また従来の四万五千項目のうちの約二万項目に語釈や出典の追加・修正を入れることになった。新たな原稿づくりと校正に関しては、(財)東方研究会のメンバーに協力していただいた。
 こうして『広説佛教語大辞典』は、固有名詞をのぞく普通名詞の仏教語の辞典としては、収録語数も、明示した出典数も、まちがいなく内外のどの辞典よりもはるかに多いものとなった。わかりやすい解釈ということも、できうる限りこころがけたつもりである。出典に関しては、別巻の「略号出典一覧表」および「出典総覧」を新たに整理して作ったので参照していただきたい。一般の人が経典にあることばを引く際には、「漢字見出し語索引」が便利なこともあるだろう。また、研究者にとっては不可欠である、本文中に明示したパーリ語、サンスクリット語等の原語と、チベット訳の相当語は、すべて別巻の索引に入っている。
 多くの方に協力をいただいて、いろいろと新しい読者のための工夫もし、わたくしとしては一つの大きな仕事をやり遂げたという気持ちが強い。この辞典が出たあとの反響を生かして、さらに良いものとすることは、次代の諸君にゆだねたいと思う。
                            (『広説佛教語大辞典』はしがきより)

◆著者略歴
1912年 (大正元年) 11月28日 島根県松江市に生まれる
1936年 (昭和11年) 3月 東京帝国大学文学部印度哲学梵文学科卒業
1941年 (昭和16年) 3月 東京帝国大学大学院満期修了
1942年 (昭和17年)   文学博士を授与される。
1943年 (昭和18年) 4月 東京帝国大学助教授(1954年3月まで)
1954年 (昭和29年) 4月 東京大学教授(1973年3月まで)
1957年 (昭和32年) 5月 日本学士院恩賜賞受賞
1973年 (昭和48年) 4月 東京大学を定年退官(以後、名誉教授)とともに、東方学院を開講、学院長に就任(1999年10月まで)
1974年 (昭和49年) 1月 比較思想学会設立。
会長就任(1983年まで。1984年以降、名誉会長)
1975年 (昭和50年) 7月 『佛教語大辞典』全3巻刊行。同年、毎日出版文化特別賞受賞
1977年 (昭和52年) 11月 文化勲章受章。
1984年 (昭和59年) 4月 勲一等瑞宝章受章。同年12月、日本学士院会員に就任
1994年 (平成 6 年) 8月 第24代足利学校庠主に就任。
1999年 (平成11年) 7月 『中村元選集[決定版]』全40巻、出版完了
同 年 (平成11年) 10月10日 逝去、享年86歳

◆主著書・監修書
『東洋人の思惟方法(四巻)』、 『インド思想史』、 『世界思想史(七巻)』、
『比較思想の軌跡』、『比較思想事典』


推薦のことば

奈良 康明
駒澤大学前学長
曹洞宗総合研究
センター所長
不滅の仏教語辞典 ――仏教を学び、著述するすべての人々へ

綺羅星のごとく輝く故中村元先生の業績のうちでも、『佛教語大辞典』(旧)はそのトップに位置しよう。
一度失われた原稿を不屈の精神で作り直したという劇的なエピソードもさることながら、これはほかならぬ中村先生が自ら、平易な言葉で解説された仏教語辞典である。出典も明確に示され、学問的な正確さと、収録語数の量からいっても出色の辞典であると高く評価された。いやしくも仏教を学び、著述する人にして、本辞典のお世話にならなかったものはおそらくいないであろう。
 それが今度は大幅に改訂された。四割強の項目に語釈や出典が増補改訂され、八千の新項目が追加された。サンスクリット語、パーリ語の索引や出典についての情報もさらに充実し、いっそう利用しやすいものとなった。
『広説佛教語大辞典』は中村先生の研究歴の掉尾を飾る不滅の星である。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
仏教学・インド哲学の知の集大成――読んで楽しい辞典

一九九九年十月に世を去られた中村元先生が今甦ったような思いがする。一度出版社で原稿が紛失したこともあって三十年、旧著『佛教語大辞典』が刊行され、引き続き補正が行われこの新著『広説』へと二十五年、五・六十年継続の営みに、まず驚嘆する。一生涯かけての一個人の研究者の一大事業である。この仕事は先生の著書であるが、多くの弟子・孫弟子の方々が資料集めなど手伝ってはいる。弟子とはいえその大半がこの分野での世界的な碩学ばかりである。本辞典はこの意味でわが国の仏教学・インド哲学の知の集大成であるといえる。
 加えて、この新著は「広説」の語を冠している。前著『佛教語大辞典』に比して、五十音順配列とか約八千項目の増加とかいうことだけではない。前著からあるいくつかの事項に添えられた「解説」が増広され、すでに『比較思想事典』を監修刊行された先生の比較思想学的蘊蓄が滲透している、読んで楽しい辞典となっている。


峰島 旭雄
早稲田大学名誉教授
比較思想学会前会長
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
座右に不可欠な不朽の大辞典一般読者のみならず専門家にとっても

久しく待望の『佛教語大辞典』全面増補改訂版が見事に完成したことを心から喜びたい。
 旧版刊行後ほどなく大規模な増補を目指して、中村元先生自らカード作りを進められ、その数は十万枚を越えたという。先生が五十年余にわたってこの大辞典に注がれた並々ならぬ情熱をひしひしと痛感すると同時に、満足することを知らない先生の学問に対する厳しい姿勢に頭が下がる思いがする。
 新版は、『広説』と銘打って、旧版の解説をさらに平明化し、五十音配列による全面的な改訂版とし、従来の四万五千項目のうち、約二万項目に語釈や出典を追加・修正し、約八千項目を新規に増補している。語を広く様々な文献から採集したのみならず、その出典を明示し、しかもサンスクリット語・パーリ語・チベット語などの原語を可能な限り明示してあり、一種の梵語辞典やパーリ語辞典としても充分利用可能であり、一般読者のみならず、専門家にとっても、座右に不可欠な不朽の大辞典である。


前田 專學

東方研究会常務理事
日本印度学仏教学会
理事長
広説佛教語大辞典
71,400
(送料・税込み)
発行・東京書籍(株)
冊